FC2ブログ

Index

59: お久しぶりです

ひそやかに抱いていた1週1句のモットーを守

  •  closed
  •  closed

58: 追想

ハイウェイに聴き終ふる百物語季語:百物語

  •  closed
  •  closed

57: 炎天

靴音の揺らぎとなりてくる劫暑季語:劫暑嶺

  •  closed
  •  closed

56: 古賀春江

いつだかに、古賀春江という日本人画家を敬

  •  closed
  •  closed

55: 催涙雨

聖堂に跫々たるや送梅雨季語:送梅雨七夕の

  •  closed
  •  closed

54: 梅雨明

彼には強い妄想癖があった。例えば学校の授

  •  closed
  •  closed

53: cinéma

別珍に居敷のどけき幕のあと季語:のどけき

  •  closed
  •  closed

52:

金打の駒音ゆるゆると霾る季語:霾る鉄錆の

  •  closed
  •  closed

51: 市民性、道徳、学校 (1)

市民性(citizenship)が教育の対象となって

  •  closed
  •  closed

50: 冬景色

水を踏む足の裏まで冴ゆる月季語:冴ゆる月

  •  closed
  •  closed

49: 大和琴、犬の声

初東風の電線あずま琴を聴く季語:初東風初

  •  closed
  •  closed

48: センター試験

消しゴムのかす集むるや初日陰季語:初日陰

  •  closed
  •  closed

47: 帰省

ゆく年や十六番線姫路行き季語:ゆく年今年

  •  closed
  •  closed

46: しゃかりき聖誕祭

聖夜果つトラミキの鍵挿したまま季語:聖夜

  •  closed
  •  closed

45: トラ・トラ・トラ

停車場の鼓膜の痛み開戦日季語:開戦日1週

  •  closed
  •  closed

44: 俳聖

暁月の靴磨きけり桃青忌季語:桃青忌日付は

  •  closed
  •  closed

43: 新・冬夕焼

冬赤し 落とし物せる日の暮鐘季語:冬思え

  •  closed
  •  closed

42: 整髪料

初雪やポマードを三本指で季語:初雪寒さが

  •  closed
  •  closed

41: 冬夕焼

かはたれを吸ふて甘やか凍豆腐季語:凍豆腐

  •  closed
  •  closed

40: 冬、家路、鯨幕、

伏し目して親指隠す冬田道季語:冬田道鯨幕

  •  closed
  •  closed

39: あゝ名門よ

荒星よ PL学園野球部よ季語:荒星先達ての

  •  closed
  •  closed

38: 夜学

ひらがなの案内ひかる夜学かな季語:夜学立

  •  closed
  •  closed

37: 秋惜しむ

午後の陽の錠の冷たさ 秋暮るる季語:秋暮

  •  closed
  •  closed

36: 心の時空

蟷螂は入水す 掻き曇る病棟季語:蟷螂ハリ

  •  closed
  •  closed

35: 天長節

掲揚台を硬く踏みしむ文化の日季語:文化の

  •  closed
  •  closed

34: オキソカーボンの折節

焦臭い部屋の明るさ初火燵季語:初火燵(後

  •  closed
  •  closed

33: 甘藷を叙す

藷堀のひとり 祖父母の畑にて季語:藷堀夕

  •  closed
  •  closed

32: 校庭

校庭を走る軽トラ 風の菊季語:風の菊校庭

  •  closed
  •  closed

31: 颱風禍

轢断の猫の前あし野分晴季語:野分晴側溝の

  •  closed
  •  closed

30: もみぢを拾ふ

天球のピースを拾う紅葉狩季語:紅葉狩俳句

  •  closed
  •  closed

29: 霧中のビビり

警笛の照らし来る線路の濃霧季語:濃霧(霧

  •  closed
  •  closed

28: ゴミ出しの詩

ゴミ出しの足もと青し水の秋季語:水の秋こ

  •  closed
  •  closed

27: 学校の一風景

空き教室わらい騒げや秋驟雨季語:秋驟雨秋

  •  closed
  •  closed

26: スプラトゥーンか、爆竹か

雨の赤門 ペンキと臭う銀杏の実季語:銀杏

  •  closed
  •  closed

25: 花芒、恣

鈴が音の幽か 真赭のすゝき原(すずがねの

  •  closed
  •  closed

24: 故郷の秋祭まだき

谺する氏子練り子ぞ秋高し季語:秋高し鯖雲

  •  closed
  •  closed

23: 公示日

いよいよ、本日10日に衆議院議員選挙が公示

  •  closed
  •  closed

22: 広島に寄せて

群衆の迸り ヒロシマの辱暑(ぐんしゅうの

  •  closed
  •  closed

21: 十六夜に描く名月

千代をゆく特急の音 月今宵季語:月今宵俳

  •  closed
  •  closed

20: 傷歎

鉄紺の夜寒に唯独り飲まる季語:夜寒今回は

  •  closed
  •  closed

19: 彼岸明迄あと幾時

保育所の裏口 彼岸花の影季語:彼岸花3ヶ

  •  closed
  •  closed

18: 晴耕雨読

村雨の弾む軒上 ぬく栞季語:村雨水たまり

  •  closed
  •  closed

17: 水槽の中、バリアの認知

水槽の脳皆さんは、「水槽の脳」のアポリア

  •  closed
  •  closed

16: 内的な青い空

『ロミオの青い空』というアニメをご存知で

  •  closed
  •  closed

15: 「花」の季節

ひさかたの光のどけき春の日にしづ心なく花

  •  closed
  •  closed

14: 蜃気楼のごとく

ビル群を見返る間際 海市消ゆ季語:海市今

  •  closed
  •  closed

13: 大陥穽にて

実は先日から、姫路を離れて高校時代の友人

  •  closed
  •  closed

12: 声と拍手とサイレンと

先日、センバツの観戦に行ってまいりました

  •  closed
  •  closed

11: 彼岸というデジャヴュ

好評につき、今回もですます調の文体で叙述

  •  closed
  •  closed

10: 鷺城に春の匂うころ

文体があまりにも固いというご指摘を、たま

  •  closed
  •  closed

9: 散歩道

さて、僕は現在、兵庫県姫路市にある実家に

  •  closed
  •  closed

8: 春濤の六回忌

東北や 雪の名残の水平線季語:雪の名残冬

  •  closed
  •  closed

7: うららかなる破綻の考察

うららけし 手首の血もスピリタスも季語:

  •  closed
  •  closed

6: 蠢動と葬送

春水や 朝の黒潮紅潮す季語:春水雪解の季

  •  closed
  •  closed

5: 孟浩然の白玉楼に坐するへ捧ぐ

カーテンの春の朝明け徹夜明け季語:春の朝

  •  closed
  •  closed

4: 斎藤茂吉「死にたまふ母」

のど赤き玄鳥ふたつ屋梁にゐて足乳根の母は

  •  closed
  •  closed

3: 懐炉のノスタルヂア

さてさて、昨日につづき、俳句を。これを作

  •  closed
  •  closed

2: 秋霖

毎週木曜日の「プレバト」という番組、面白

  •  closed
  •  closed

1: はじめまして

これは、時間を持て余した大学生が、多くの

  •  closed
  •  closed