archive: 2017年04月  1/1

「花」の季節

ひさかたの光のどけき春の日にしづ心なく花の散るらむ(紀友則)人はいさ心も知らずふるさとは花ぞ昔の香ににほひける(紀貫之)これは吉祥寺にて先日撮影した桜です。お久しぶりでございます。大学生に許された寛かなる春の猶予期間も終わりを告げ、新年度の忙しさにかまけて更新を怠っておりました。とはいえ、再び学業が忙しくなればなるほど、物思いやら愁えやらは自身の器に溜まっていくばかり。なんとも、バランスのとりにく...

  •  1
  •  0