白玉楼への一里塚

冥土への道中、皆様とご一緒させていただきたく存じます。