FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

整髪料

初雪やポマードを三本指で
季語:初雪

寒さが身に沁みる今日この頃…というより、今日があまりに寒すぎて、なんとせっかくの日曜日に5時に目が覚めてしまいました。

あまりに癪だったものですから、予定外にも句作をしてみたものがこれです。どうせ早起きしたのだから朝の風景を詠もうかと思い立ち、このようにいたしました。

私が使用しているポマードだけなのかもしれませんが、寒くなってくると油成分が多いので硬くなってきます。そうなると、結構力を入れなければ掬えなくなって、普段は一本指で手に取るのに、二本指や三本指で取る。そうして分量をミスすることも往々にあって、特に朝は冷え込みの強くなる水回りに、いつもよりも長時間いることになる。冬というのが、私にはそんなもどかしい季節なわけです。

ポマードを三本指で掬わねばならないのが、冬が本格的に始まったことを感じさせる兆候であると、それにハッとした感じを俳句で表現したくて、上のようにしました。

今回の推敲の過程では、例えば、以下のようなものと非常に迷いました。

三本指で掬うポマード初時雨
季語:初時雨

季語を下五に置けば、これはこれで、冬の到来にハッと気づく感じがよく表現できているのだろうとも思います。

ただ、今回は、「ポマードを三本指で…」と、この句の世界の主人公がつぶやいている感じ、この口語独特の生活感の出た趣を、どうしても私には捨てられませんでした。だからと言って、

初雪かポマードを三本指で
季語:初雪

のように、上五まで口語的にして振り切る勇気を、私はあいにく持ち合わせていなかったので、俳句らしい二物衝撃の句としても読めるような形で一旦はとどめ置いています。

皆さまはどのようにお考えでしょうか。

もしコメント等にて頂戴できれば幸いです。

初雪やポマードを三本指で
季語:初雪

0d04e370.jpg
スポンサーサイト

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。