FC2ブログ

諸聖人の日

生家あり万聖節の雲の下
万聖節

ハロウィンの渋谷が記憶に新しいですが、
みなさまいかがお過ごしでしょうか。

11月1日がキリスト教における「万聖節(諸聖人の日)」だとは
かねてより何となく聞き及んでいたのですが、
この句を詠むにあたって調べ物をしていた際に、
英語でAll HallowsとかHallowmasと表記されることは初めて知りました。

ここに至って漸く
「なるほどハロウィンって諸聖人の日の前日を意味するイベントなのか」
と納得いたしました。
なるほどね。

日本では消費市場に完全に取り込まれていますが、
清浄な信仰の世界にもともとはあったものなのでしょうね。
知らんけど。

ということで、今回の俳句はこんな感じです。
本来は11月1日前後の更新で出そうかとも思ったのですが、
なんだか出来としてイマイチだと思われたので、
ここ数日、時間を見つけては推敲を考えていました。

しかし、さすがにタイムリミットですね。
このままだと立冬が先に来てしまいます。

ということで、今回は本意ならぬ更新となりました。
何がしかの緩み、瑕疵は必ずやあるでしょうから、
忌憚のないご助言等を頂戴できれば幸いです。


さて、本日併載する絵画は、シュルレアリスムの巨匠として著名な
サルヴァドール・ダリの宗教画です。

あまり僕もわからない(わかるわけがない)のですが
純粋なるカトリシズムを直接的に感じさせない作品だなと思います。
古典的なモチーフそのものが写実的に描かれているにもかかわらず、
全体としてはむしろ、科学への信奉を思わせるような…
といえばいいのでしょうか。うまく言語化できませんが。

ただし、このような信仰に関するモチーフが、
完全に言語化できうる様式、すなわち理解のしやすい様式で、
絵画化されて果たしてよいものなのか、という論点はありうるかもしれません。

ヘブライ人は神ヤハウェの綴りをYHWHと書きました。
(もちろん、これは後年アルファベットに訳されたものですが)
つまり、子音を用いない=人に発音できない、
そのような音を当てたわけですね。

有名なところで言えば、イスラム教は偶像崇拝を禁じ、
神の絵を描くことは罷りならぬとされてきました。

「うまく言語化できませんが」と先ほど言いましたが、
このうまく言語化させないあたりは、むしろ当然なのかもしれませんね。
これがダリの単に作風なのか、特別に意図したところなのかは、
ちょっとよくわかりませんが(わかるわけがない)。

ポルト・リガトの聖母2

サルヴァドール・ダリ『ポルト・リガトの聖母』1949年 マーケット大学博物館所蔵

ポルト・リガトの聖母1
サルヴァドール・ダリ『ポルト・リガトの聖母』1950年 福岡市美術館所蔵
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment