散歩道

さて、僕は現在、兵庫県姫路市にある実家に帰省している。

愛犬の散歩中、突如降り出した雨に逃げた先の軒先から、温む水に立体感を得始めた故郷の山を見た。

ざわめける山 ふるさとの春の慈雨
季語;春の雨

慈雨の音 土の音 啓蟄の音
季語:啓蟄

このブログにおいて、僕は一貫して「蠢動の不安」というものを繰り返してきた(詳しくは、「蠢動と葬送」や、あるいは「春濤の六回忌」を参照のこと)。

しかし、そうは言ってもやはり、色めきだつ自然に現前すると、人として少しばかりの感傷を抱くことは事実である。特に、灰色の縦の世界に圧迫される東京では、蠢動に対する不安を煽られもするが、やはり故郷という、一種の生物としての地盤(いわば母)に包まれていると、その大地の揺れもむしろ羊水の中のおとぎ話のようで、微笑ましいとも思えてくる。

そんな不安定な存在であるということだけは、確かだと言える。それだけは言えるが、それ以上は言えない、さような存在であることを、改めて認識せねばならなかったというような、思考の揺れにここ数日襲われている。

この思考の揺れは、やはり「命」に対する種々の感情が巻き起こすものだろう。特に3•11以降の日本人は、啓蟄を愛でながら自然を畏怖するという、まさしく「輪廻」への激情とも言いうるかの感情を抱くようになった(春濤の六回忌より)。これは、まさに「輪廻」なのだ。まさに、ゴータマというインドの青年が感じた不安に他ならないのだ。

とすれば、人間の本源にかかる心理にも、終わりがないことに嘆息をつきながら、とりあえずは春霖雨の音を聞くしかないのだろう。

春は、終わりであり始まり、別れであり出会いであると形容される。
しかし、ここには終わりがない。始まりもない。
唯、輪廻があるのみ。

そんなふうにして、なにか悟りを開いたかの心持ちになりながら、愛犬と家路についた。



ここまで読んでくださった方は、ぜひ拍手をお願いします。ツイートなどをしてくだされば、多分跳ね上がって喜びます♪
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment