白玉楼への一里塚

冥土への道中、皆様とご一緒させていただきたく存じます。

一觴一詠6〜春濤の六回忌 

灯籠よ かの東北の春月へ
季語:春月

冬眠から明けて、虫たちが巣から出始める頃というのを意味する季語「啓蟄」を、海にも感じるということについて「一觴一詠4〜蠢動という葬送曲」で述べた。この記事にも関連するので、時間が許せば是非一読していただきたい。

そうした蠢動に対して、少なからず好ましい感傷を懐いてきた日本人は、しかしながら、かの災禍を経たことで、啓蟄の頃が廻るたびに、蠢動の海に対して、甚だしい畏怖の念を想起させられることになった。

雪解の水で満ちるはずの海によって、心を凍てつかせることになった。豊かの実りをもたらすはずの海によって、実りを奪われた土地へと打ち棄てられることになった。そして、これからガイアに生命を吹き込むはずの海によって、我々自身の生命を根こそぎ奪われることになった。

これらの逆説を人々が突きつけられたとき、ある者は神話のごとく「共存」を高らかに謳い、ある者は現実主義を気取り「支配」を威く説法するようになる。

災禍のたびに、日本がそういった畏怖によってとる姿勢に於て、メビウスの環に居るかのごとき、方策の振り子に陥ってしまう原因は、ここに在しているのだろう。

政治的なもの(something political)に携わるものであるならば、その振り子の克服をここで志向し、論じることは理解できる。

しかしながら、形而上的でさえあるこうした生命の蠢きを前にして、我々に唯だ許されていることは、何人も容易く手に取ることができる手段としては、おそらく、灯籠流しのような、クラシカルな慰霊の営為のみであると、私には思われるのである。フーコー的権力理解など、このような場面では、どうにも取るに足らぬものとして、私には感ぜられて仕方がないのだ。

春月のもと、その形而上の岸辺に向かった命に対して、思いを馳せることー思索を巡らさずとも、ただ、意識に於て安穏を志向することーポリティクスとは全く異質な、存在者に与えられた最低限の営為ーが、このバイオレントとも言いうるような海の蠢動への犠牲(sacrifice←sacred)に対して、我々が唯一できることではないか。

今日のような大きな春の月の超然が、儚き祈りの対象たる彼らの、我々に対する超越と重なりあう。この眺めに、そうした想いを馳せながら、今夜も闇は更けてゆく。

灯籠よ かの東北の春月へ




ここまで読んでくださった方は、ぜひ拍手をお願いします。ツイートなどをしてくだされば、多分跳ね上がって喜びます♪

カテゴリ: 俳句

テーマ: 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など

ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

PAGE TOP

一觴一詠5〜うららかなる破綻の考察 

うららけし 手首の血もスピリタスも
季語:うららけし

季節の感慨など、誰が決めたのであろうか、という感慨を抱くことがある。

「秋の暮れ=寂寥」「冬の朝=清澄」など、誰が決めたのだろうか、といったようなことを思うことがある。

もちろん、同様の批判は繰り返されてきた。平安以降の日本人が確かに蓄積してきた季節感というものが、是に於て、同調圧力として、硬直性として働いているのではないか、という懸念や愚痴や批判は、それを吐き出さしめた原因は各々違えど、歴々の文人が指摘してきたことである。

「季語なんて旧暦の残滓であり、 '夜明け前' の遺物であって時代遅れである」という批判などに至っては、半世紀以上にわたって繰り広げられてきている。

しかし、日本語の歴史たる、およそ2000年分の蓄積がそこにあることを考えると、それを完全に無に帰せしむるような、そんな絶対的な革命は、ビッグバン以前の混沌へと日本語を至らしむようにも思われ、非常に悩ましい。

ということであれば、季語としての感傷へは従いつつ、潜在意識としては相反するような、そんな転覆(クーデター)のようなものが、そのような革新の在りようとしては、現時点では一旦、望ましいのではないだろうか。

安穏たる季語に破綻めいたものをぶつけたり、激情の季語に不自然な静寂を取り合わせたりするといった、そのような表現の蓄積の拡がりによって、そういった転覆は導かれうるのかもしれない。

とはいえ、そのようなことすらも、歴々の詩人たちが行ってきたことである以上のことでは決してない。従って、結局は日本語の枠内に収まるものという他ない。アウトローはあくまでもアウトローなのであって、どれだけ外角いっぱいを攻めても、ストライクはストライクであるし、ボールはボールである。

やはり、カオスではないもの、すなわちガイア以降のものは、もはや季語の世界にあらかた包含されているのだろうか。

それでも、ガイア以降の世界に風穴を開け、その混沌から新たなるビッグバンを生むような営為を、諦めたくはない。調和のとれた世界が存在することなど、本当にあるのだろうかという疑いの視点を放棄したくはない。

たまには、日本語の混沌を射すことを志向した句作に、このようにして挑んでいきたいものである。


さて、そこで上記の句である。ちなみに断っておくが、僕自身が自傷癖がある或いはアル中であるというようなことはないので、その点はご心配しなくてよい笑

上記の句であるが、読んでいただければわかる通り、五六六の調になっている。合計の文字数は、五七五の句と同じ一七音に収めているが、調べは逸脱するという「破調」を利用したのだ。これに対して、忠実に五七五を守った以下の句も検討した。

うららけし 自傷の痕も火の酒も

これだと、少々具体性に欠けるところが難点である。また、句の内容が破綻した生活を詠っているため、調べも破綻させた方がいいとの判断によって、破調の句を冒頭に選んでみたのだが、果たして、どのような印象を読者は受けるだろうか。

もし、よければ、どんな意見でもいいので、コメントを頂戴できるとありがたい。



ここまで読んだのであれば、ついでに拍手もしていってくれると嬉しいです♪多分、飛び跳ねて喜びます笑

カテゴリ: 俳句

テーマ: 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など

ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

PAGE TOP

一觴一詠4〜蠢動という葬送曲 

春水や 朝の黒潮紅潮す
季語:春水

雪解の季節。

春水の流れ込む海にも、生の爆発が感じられ始める頃です。

数日前に啓蟄を迎えましたが、何も虫だけではないでしょう。

生命の讃歌が、強東風あるいは桜前線に乗って列島を駆け巡る季節がやってまいりました。

しかしながら、その耽美な行進曲は、同時に蠢動を促し、閑寂な季節の終わりを告げて気忙しい空気をも連れてきます。

蠢動は、何も希望に満ち満ちたものではありません。

自然界でも、熾烈な生存競争のホイッスルが鳴り、生と死の曖昧な混沌(時にそれを賽の河原と呼ぶ、それらのカオス的な圏域)へ踏み入れるものが多くなるものです。

蠢動の行進曲は、いわば生命に対しての、ガイアによる葬送曲であり、それによって生き物は、ガイア以前の世界すなわちカオスへとゆくのでしょう。だからこそ、来週にはお彼岸があるのではないか、と僕は思います。

まず、何よりもみなさま、お体に気をつけてお過ごしくださいませ。
決して、その混沌とは無縁なる日々をお過ごしになられますよう。



もしここまで読んでくだされば、ついでに拍手やコメントでもしてください。
幼稚にも跳ねて喜びますので、よろしくどうぞ♪

カテゴリ: 俳句

テーマ: 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など

ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

PAGE TOP

斎藤茂吉「死にたまふ母」 

のど赤き玄鳥ふたつ屋梁にゐて足乳根の母は死にたまふなり

灰のなかに母をひろへり朝日子ののぼるがなかに母をひろへり


両句、甲乙つけ難き名吟である。バイトで勤務している某塾の国語の中3教材で目にしたこの二首を生徒に解説するにあたり、一通り考えてみたのだが、そうするとなんとも吐き出さずにはいられない気分になったので吐き出してみようと思う。

まず<のど赤き…>から。これは、しばしば、状況を客観的に捉えた句であり、どこか醒めているとも評されることがある。どこか冷静な、即物的な吟詠であり、自らの力を超越した死と生との境目をありありと描出したという評価を、僕は中学の時に教師から教わった。当時はなるほどと思ったが、しかしながら、よくよく読み返すと、はて、果たしてそうであろうか、真に客観的と言いうるだろうか、というのが、私の問題提起である。(もちろん、私は哲学的探求に足を踏み入れるつもりはない。西田の純粋経験も、ハイデガーの存在論も、サルトルの実存主義も持ち出すつもりはないし、なんら脈絡はないことを、先に言明しておく。)

さて、詳しく見ていこう。
「のど赤き玄鳥ふたつ屋梁にゐて」…①
「足乳根の母は死にたまふなり」…②
と、ふたつの部分に記号を振ろう。①では、その季節の風景が描かれている。実家の縁側に面した畳の部屋にいて、母の亡骸はそこに横たわっているのであろう。おそらく、茂吉とその親戚が何人もいたであろうが、その悲しむ姿の描写や、あるいは茂吉自身の姿をどこかに感じさせるというよりは、季節の廻りと生物の廻りを①で述べ、そして②で母の生の終焉=死を描いている印象を受ける。確かに、そう考えてみれば、客観的な視線の当て方という評も一つの見解としてありうるだろう。これが、中学生の時の私が納得した解釈であり、今でも一定理解は可能である。

しかしながら、果たしてそうであろうか、というのが、私の問題提起であった。そう、客観的であるならば、不自然な箇所が、ここには存在する。すなわち、①の色の描写が、まさしく然る不自然さを顕すのである。

①における、のどが赤いという描写は、屋梁の下からの目線で燕を見ていることを意味することとなる。つまり、この視線のダイナミックな転換が、①と②の間で起こるのだ。そう、①は下から見た、つまり、母の枕元付近から見た燕の風景であるのだ。ということは、②もまさしく、枕元に座する茂吉の目線から見た、母の姿ということになる。

さらに、燕の二羽というのは、季節として、おそらく親子なのではないかと私は思う。これは可能的推察でしかないが、そのように推し量りうると判断させる原因は、やはりこの目線の転換だろう。そもそも、一首の中で、母と死と燕が並立の関係に置かれているような印象は、誰も読み取りはしないはずだ。すなわち、誰もが、この首の主題は、②であると言明することができるはずだ。となれば、そう思わせる効果があるということになる。その効果として、母の死という内容の重さを挙げることもできようが、それよりも、母の死と実子の関係の対比的な構図、すなわち、母の死を看取る子と、子を巣立ちまで育て上げた親という対比が、屋梁を挟んで展開されているような印象を、読者が受けるからであろう。

そして親子だとすれば、茂吉の視線は、やはり自身と母との関係を、燕に見出しているということになろう。①で母と子の今までの姿を燕に投影し、その母が死んでしまうという場面を②において描く、この構図。燕を下から見上げているようで、実は茂吉の目に見えているものは、ずっと、枕元で今自分が看取っている母なのである。上を見ながら足元の母を思う。燕に自身と母を置換し、自身と母の歴史性を合わせ鏡的にその空間的、時間的、さらには存在的な超越の中で、彼の意識が全て母を捉えており、そしてその母が、たった今「死にたまふ」という、この母の死という事実を、この超越の中でなおも現前するものとして、描いたのではないだろうか。

したがって、以上を踏まえれば、客観性や、まして「冷めている」の一言に、この歌が矮小化されて述べられてはならないと言えそうだ。語られうるのは、茂吉の意識という主観性が、母の死の超然を捉えているということであって、そこにあるのは、死という絶対的な境界を前にした、静謐な動転と激情以外の何物でもないのだ。彼は、決して冷めていたのではない。客観性など、彼の主観の中で、あるいは吟詠において、貫徹して維持することはできようもなかったはずだ。私は、客観的な視点の当て方という読み方を批判したいわけでは決してない。そう断った上で、この一首においては、即物的な描写というよりも、上記のような激情が、この名吟を生んだのだと私は思う。


さて、<のど赤き…>に相当な時間をとったが、<灰の中に…>に移ろう。

これも、以下のように二つの部分に分けたい。
「灰のなかに母をひろえり」…①
「朝日子ののぼるがなかに母をひろへり」…②

①は、火葬されたのちに、灰となったその中の母を拾うという場面である。突然、こうしたショッキングな表現が出るため、ここに悲哀なる情感を感じる人は実際多そうに思う。さらに、②のように、時間情報と広い光景を浮かばせながら、最後にもう一つ、駄目押しで反復することで、さらに印象深い一句にしている。死など遠い事実だという潜在的感情を抱いていた思春期の私に、死を意識させたのは、曾祖父母を相次いで亡くしたことと、この句であった。

ここで私が考えたいのは、この一首もやはり、主客に両面的な光景描写によって、名句を成しているのではないかということだ。

まず①の表現についての、彼の感情についてである。この点について指摘する人は相当に多いと思われ、わざわざ述べる必要もないかと思われるが、念のために言及しておく。あくまでも、念のためであって、わかっているよと思われたならば、すっ飛ばしてもらって構わない。①において、「母の遺骨をひろへり」あるいは「灰となりし母をひろへり」などとは言わずに、「母をひろへり」とはっきり言い切った。これによって、死んでもなお変わらず母であるという、茂吉の心境が語られるのだ。しかも、それを二度も繰り返して念押しすることで、その印象はなおも強められているのだ。こうした主観的意識に訴えかける叙述によって、血を分けた者たちへの親愛を呼び起こすのである。

しかし、先述の通り、この句はそれだけでは終わらない。やはり、構図の切り取り方、客観的叙述とも言いうるかのような、そんな描写が加えられているのだ。それは、まさしく、①と②で対句的に表現された「なかに」の表現である。

①は、かなり焦点を絞った描写だと言える。拾う手をクローズアップしており、ここでは、茂吉と母との関係が浮かび上がる。それに対して、②では、突然大きな構図、拡大的な視点へと移る。そうして、日の出の荘厳さの中に母の死を置くことで、その死の神聖さを描写することができるようになる。

しかし、この構図の転換は、それだけでは終わらない。

①は、「灰のなかにある母」を描くのに対して、②は「朝日が昇るなかで母を拾っている自分」を描くことになる。すなわち、母と自分の存在する場所が全く異なるものになってしまったという、此岸と彼岸の対比を、それぞれ朝日と灰の対比という象徴に込めているのである。当然、これらの描写は、「朝日が昇るなかで母の遺骨を拾う息子」という実際的な光景を浮かび上がらせるけれども、その一方で、此岸と彼岸を、比喩的な象徴として、この対句に込めるのである。

したがって、この名吟も、単に主観的か客観的かという描写の表層的な判断で区別することはできないといえそうだ。

これら、二首の比較として適当であると思われるのは、<のど赤き…>は投影を駆使した超越によって、<灰のなかに…>は比喩的な象徴として、それぞれ母の死を立ち上がらせているという、そのことだけであると思われる。それらを如何様に感じるかは、読者各々に許されていることだと言えそうだ。

茂吉本人が、ここまでを全て計算に入れていたかどうかは、知るよしもないことだが、少なくとも、単純な物言いによってこれを矮小化するのではなく、何遍も読み直して句の世界を味わうことが、斎藤茂吉という作家、そして彼の母、そしてこれらの句に対して、最大限の敬意を表することになるだろう、ということは言えそうだ。

したがって、私の稚拙な評論によって、世界観を狭隘なものに貶めているという誹りは、甘んじて受け入れることは断った上で、皆さんも、どうかこれらの句を、もう一度噛み締めてほしい。

のど赤き玄鳥ふたつ屋梁にゐて足乳根の母は死にたまふなり

灰のなかに母をひろへり朝日子ののぼるがなかに母をひろへり





ここまで読んでいただければ、
ついでに拍手していただけると嬉しいです。
してくれると多分飛び跳ねて喜びます笑

カテゴリ: 鑑賞

[edit]

PAGE TOP

一觴一詠3〜孟浩然の白玉楼に坐するへ捧ぐ 

カーテンの春の朝明け徹夜明け
季語:春の朝明け

春といえば、孟浩然の不朽の名吟に「春暁」がある。

春眠不覺曉 春眠曉を覺えず
處處聞啼鳥 處處啼鳥聞く
夜來風雨聲 夜來風雨の聲
花落知多少 花落つること多少なるを知らんや

しかしながら、暁を覚えぬはずの春の眠りにつけず、覚醒した状態で春暁を迎えてしまうような、私のような人間を捨象している点で、この句は思いやりがないように感じる。(いや知らんがな、と孟浩然は言うだろうけど…)

私のように、春暁を覚えてから、そこから春眠につく人もいるはずである。全員が全員、春眠によって暁を覚えないようなことはないのだ。むしろ、夜来風雨の声によらずとも、窓に落つる花の多少なるを知るような、そんな夜更かし小僧もそこかしこにいるだろう。そんな現代文明のライフスタイルは、唐王朝そして中華文明の或る絶頂期の彼の情趣からすれば、どのように見えるのであろうか。

それでも、春の朝の光を思う心だけは、当時から変化していないということを、彼には伝えたい。生活様式は変化すれども、春暁を愛でる情緒のありようは、確かなものとして、我々の底流を成しているはずだ。白玉楼中の人となりし彼に、この句が届いていることを願い、春眠に入ることとする。


ここまで読んでいただければ、
ついでに拍手していただけると嬉しいです。

カテゴリ: 俳句

テーマ: 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など

ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

PAGE TOP

一觴一詠2〜懐炉のノスタルヂア 

さてさて、昨日につづき、俳句を。

これを作句したのは確か去年の11月ごろだったか。大学の文化祭の出店でシフトの時間が同じだったサークルの女の子が、カイロを買って渡してくれたことがあって、そのときに、「そういえば、高校のときにもこんなことあったなぁ。あのときは、片想いしてた子に渡されて、さりげなく自分の胸ポケットに入れたっけなぁ」と思い出したことがあってね。そうして、不意に望郷にかられて、読んだのがこれ。

君くれし懐炉の胸ポケットかな
季語:懐炉

カイロ(懐炉)ではなく、胸ポケットに詠嘆の助詞をつけるのが、良いのか悪いのか。ここが実に悩ましくて、長い時間考えてこんだ記憶がある。「君くれし胸ポケットの懐炉かな」だとストレートに五七五の調べになる。でも、やはり自身の胸に感じたカイロの温もり、そしてそのカイロが胸にもたらした、別の心的なぬくもりを表現するには、胸ポケットを詠嘆したほうがよろしいかと、個人的には思ったわけだ。この調べの逸脱も、個人的には、当時の自分自身にぴったりで悪くないと思ったしね。

とりとめなく過ぎていった思春期の、他愛もない1ページでしかない、そんな風景。

その不安定な情緒に衝き動かされた、空中ブランコに乗っているかのような青春。

夢想家、妄想家であった当時の僕にとって、決して自身の足元が真っ暗闇の闇だとは感じず、むしろ、未来から差す光しかなかったように思えた、そんな青春。

しかし、その光に反射しまくって、当時はすべてが白っぽく、味気ない色に見えもしたような、そんな風景。

それが、最近では、落下傘奴のノスタルヂアとして思い出され、セピアの中に、むしろ鮮明に、魅力的に色づいている。

こんなふうにして、尊敬する中也を狭隘なものとするかのごとき援用を、浅ましさを自認しながら、それでもせねばならなかった、この静謐なる激情と閑寂なる狂騒と。これらが、懐炉のセピアを、セピアでありながら、さらに彩りを増さしむるような、そんな不思議な感覚を、最近では抱くようになった。

それに対し、現在の僕の時間は、徒然なるままに過ぎていく。

あの頃とは違って、夜が劫劫と更けるような、真っ暗闇の闇に居るかの感覚。

ぼんやりとした不安を感じる様な感覚。

塵労に疲れたと言えるほどの艱難辛苦を負ったわけではなくとも、薄暗い坂や藪のあるトロッコの細長い路が続くのを、やはり一気に駆けて戻りたくなるような、そんな感覚。

この感覚も、数年後には詩となり、愛すべきセピアとなるのだろうか。

この闇が、ただ今を生きているがために色を感じられなくなっている、それだけのことによるのだろうか。

ノスタルヂアを以て見返れば、これらも愛しきぬくもりを懐くのであろうか。

君くれし懐炉の胸ポケットかな
-- 続きを読む --

カテゴリ: 俳句

テーマ: 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など

ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

PAGE TOP

一觴一詠1〜我がはじまりは秋霖 

毎週木曜日の「プレバト」という番組、面白いですよね。その中でも、夏井先生の俳句添削に惚れ込んで2年ほど経過し、ついに昨年の秋頃から、俳句を作りためてきたわけです。

ということで、記念すべき俳句第1号は、去年の秋、初めて読んだこの句。

秋霖のつま音や 我一人なり
季語:秋霖

初めて作った割に、「や」を使い、しかも中間切れという独特な調子にチャレンジするという玉砕的句作。ここ最近、見返して笑ってしまいました。
さて、この秋雨の音の中の孤独を表現した句が良いか悪いか、自分ではようわかりませんが、「そこまで気取らんでも、こんくらいでいいか」と思い、数日前に、同じ季語「秋霖」を用いて読んだのがこちら。

秋霖の窓にとろめく五時間目

まあ、学生だし、こんなもんでいいでしょ笑
等身大のアルアルな風景を確実に描写してみました

皆さんは、どちらがお好きでしょうか
(ちなみにこれは、吟詠当時に住んでた久我山の秋霖の写真。俳句の通り、ただ自分一人しかいない光景です。)





ここまで読んでいただければ、
ついでに拍手していただけると嬉しいです。
クリック一回分の労力を割かせるくらいには、形のある文章を書けたのではないかという自信につながります。もししていただければ、多分跳ねて喜びます笑

カテゴリ: 俳句

テーマ: 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など

ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

PAGE TOP

はじめまして 

これは、時間を持て余した大学生が、多くのネット民がすなるブログといふものによって、日々のよしなしごとを徒然なるままに書き散らしてみよう、というものです。何を目標に、などは全く決めるつもりもありませんが、まあご覧になりたくばどうぞ、という感じで、ゆる〜くはじめていきましょう。

ま、これ、実はタイピング練習も兼ねているのでね、あまり内容や読み易さにはこだわらんでもいいかなぁと、、、

少し真面目な話、今の時代、右向け右の風潮があまりにも強くなりつつあるので、外では右を向いたふりをしながら、ここで厭世気分を発散してバランスをとっていこうとも思うわけです。リベラルが忌み嫌われる理由もわからんではないですが、集団でお互いを忖度し過ぎてしまっているようなこの空気感には、さすがに最近反吐が出るわけです。

ということで、適当にぼちぼちやっていきます。
他愛のない日々の思いの更新です、ごゆっくりしていってください(´∀`*;)ゞ

あ、そうそう、それから

基本的に、ここは私見を書く場所だと自認しています。あまりにもひどい誤謬や事実誤認等があれば可及的速やかに訂正いたしますが、その時その時に自分が思ったことを尊重できる場所として、ここはあって欲しいかなと。ということで、頼むから、「そこはかとなくよしなしごとをかきつくりし結果ならむ。」と片付けて、厭世気分の徒然なる吐き場すらも、俗世間の一部として厭わねばならんといった事態は、これは避けたいと思っています。どうかみなさま、御容赦下さいませ(。-_-。)

カテゴリ: 報告

[edit]

Trackgack -- | Comment 0

PAGE TOP